りよねこたわ~

ロールプレイングゲーム作ってみたいにゃ~でもどうしたらいいのにゃ~?

ドット絵作りは意外と楽しいにゃ~

ま~くん 「りよちゃんりよちゃん、バームロールもってきたよ~。」

ω・*) 「ありがとにゃ~(´~`)モグモグ」

ま~くん 「で、ドット絵はどんな感じ?やっぱり難しい?」

ω ・ =) 「うにゃ~、こんな感じで1枚作ってみたんにゃ~。」

f:id:riyoneko:20190213194220p:plain

ま~くん 「えッ!?これマジ?りよちゃん作ったの?」

ω- =) 「うにゃ~、へんなとこあるかにゃ~?」

ま~くん 「いや、予想以上によく出来てるなぁと思って…。」

(∀`*ゞ) 「エヘヘニャ~。」

 

ω- =) 「でもあまりたいしたことやってるわけじゃないのにゃ~。」

ω ・ =) 「顔はこの画像をベースに、鎧はこの画像をベースにって感じで、パーツを切ったり貼ったりして作ったにゃ~。あとはちょっと盛ったり削ったりしたかにゃ~。」

ま~くん 「へぇ~、ところで画像サイズが大きくなってるけど大変じゃないの?」

ω ・ =) 「画像を置く場所に合わせてサイズを2倍にしてるけど、元画像の1ピクセルを4ピクセルにしただけだから、特に大変じゃにゃいにゃ~。それに作ってると意外と楽しくなっちゃってにゃ~、こういうのも作ってみたにゃ~w」

f:id:riyoneko:20190213194256p:plain

ま~くん 「なにこれ?」

ω ・ =) 「何も装備していない時の服にゃ~。」

ま~くん 「こう見ると、キ◯・ヤ◯トに似てるな…。いや、なんでもない。」

ω- =) 「だれにゃ~?」

 

ω ・ =) 「公開できない失敗作もいっぱいあるにゃ~w」

ま~くん 「うゎぁ、結構作ってるね。」

ω- =) 「あ~でもにゃい、こ~でもにゃいって色々作って、今のやつに落ち着いたからにゃ~。」

 

ま~くん 「この調子だとあと2枚作れそうじゃない?」

ω ・´) 「うにゃッ!がんばるにゃッ!(=`・ ω ・´)シャキーン」

 

続・緊急会議にゃッ!

ま~くん 「りよちゃん、微妙なニュースと悪いニュースがあるけど、どっちから聞きたい?」

ω ・ =) 「こういう場合は、良いニュースと悪いニュースじゃにゃいのかにゃ~?」

ま~くん 「残念ながら良いニュースはない。」

ω- =) 「うにゃ~。」

 

ω ・ =) 「微妙なニュースから教えてにゃ~。」

ま~くん 「とりあえず、今作ってるゲームはそのまま作れそう。」

ω ・ =) 「良いニュースじゃにゃいかにゃ~。どのへんが微妙なのにゃ~?」

ま~くん 「いろいろ聞いたんだけど、できたゲームを公開するかどうかは製作側の判断お願いしますとのことなんだよ。詳しい話は省くけど一言で言うと、『作ったゲームのチェックはしないけど、ゲームで使う素材には気をつけてうまく作ってね』ってことなんだと思う。」

ω- =) 「うにゃ~、微妙というか、うにゃ~っというか、なんかはっきりしない感じにゃ~。」

ま~くん 「まぁ今のままで問題ない(と思う)から、このまま作って公開しよう。」

ω- =) 「だいじょうぶかにゃ~。」

ま~くん 「だいじょうぶだいじょうぶ、怒られたらごめんなさいしようw」

 

ω ・ =) 「じゃ~悪いニュースってなんにゃ~?」

ま~くん 「えっとね…。こことここと、あとここに使ってる画像が使えなくなった。」

ω ・ =) 「うにゃッ!この画像つかえにゃいのかにゃ…。どうしようにゃ…。」

ま~くん 「こうなったらこのドット絵に変わるものを作るしかないね。」

ω- =) 「うにゃ~、絵が描けないのにハードル高くにゃいかにゃ~?」

ま~くん 「ツクールMVの中から素材を選んで、切った張ったして色を変えたらいけるんじゃない?」

ω- =) 「うにゃ~、そう簡単に言われてもにゃ~。」

ま~くん 「まぁまぁちょっとやってみよう。難しかったらまた次の手を考えるってことで。それからちょっと考えたんだけど、ごにょごにょごにょ…。」

ω ・ =) 「なるほどにゃ~。」

ま~くん 「これなら、ドット絵も正面向いてる3枚でいいからね。ちょっとがんばってみてよ。」

ω ・ =) 「わかったにゃ~やってみるにゃ~。」

 

っ=ーωー)っ うにゃ~、しばらくは素材作りになりそうにゃ~。

 

緊急会議にゃッ!

ま~くん 「りよちゃんりよちゃん、とてもやばいことになってきた。」

っ=ーωー)っ 「むにゃ~先週からやばいことになってるにゃ~。」

ま~くん 「いやいや、それどころじゃないって。最悪お蔵入り第2弾誕生だよッ!」

ω ・ =) 「うにゃッ!?」

 

ω- =) 「どういうことなのにゃ~?」

ま~くん 「?????の!の著作権元にお知らせが書いてあって、それによると今作ってるやつが公開できなくなるかもしれないんだよ。」

ω- =) 「にゃ、にゃんだって~。」

ま~くん 「今問い合わせ中なんだけど、回答次第では最悪な状況になりかねないんだ。」

ω ・ =) 「どどどどうしようにゃ~。」

ま~くん 「そうだね~。回答次第だけど公開できないことを考えておかないと。でもせっかくここまで作ったんだから、ちょっと名前変えて別なゲームで公開するとかw」

ω- =) 「うにゃ~。」

ま~くん 「りよちゃんも回答がくるまで考えておいて。」

ω ・ =) 「わかったにゃ~。」

 

ますますやばいことになってきたにゃ~(*´ω`*)

 

ω ・ =) 「オルタまんくださいにゃ~。」

店員 「え?おるたまん?」

ω ・ =) 「うにゃ~この黒ごまのやつにゃ~。」

ω- =) ちょっとむにゃっとしたお話にゃ~。

 

ω ・ =) で、今週の進み具合はどうかというとにゃ…。

 

ま~くん 「りよちゃんりよちゃん、ちょっと気になるところがあるんだけど。」

ω ・ =) 「うにゃ~?」

ま~くん 「このゲームの1辺の長さはどのくらい?」

f:id:riyoneko:20180627173640j:plain

ω ・ =) 「うにゃ~、1マスは1辺5メートルって設定にゃ~。」

ま~くん 「立方体で作ってるよね。目線がこの高さだとプレイヤーの身長は3メートル近くなるんだよね。」

ω ・ =) 「うにゃッ!?」

ま~くん 「ちょっと気になったら、ずっと気になっちゃってね。直せるようなら直してw」

ω- =) 「うにゃ~。」

 

やばいことになってきたにゃ~(*´ω`*)

 

モクモクとテストにゃ~

ω ・ =) 修正したJavascriptのコードをテスト中にゃ~。

1枚目のマップでモクモクとテストしてるにゃ~。

問題なければ最初からテストをやり直すかにゃ~。

 

ω・*) 話は変わるんにゃけど、青龍くんのBGMはかっこいいにゃ~。

ω- =) でも青龍くんって、チンアナg…。

 

ピンポ~ン…。

 

ω ・ =) うにゃ~?誰か来たにゃ~。